poison

タロのひとりごと

子どもたちが小さい頃『経皮毒』って言葉に出会った。

今まで聞いたことも考えたこともなかった世界のことだったので、最初びっくりしたんよ。

実は、上の子を産んだ時、赤ちゃんなのにタロのシャンプーみたいな香りがしたんよね。その時は全く分からなかったし、特に深く考えなかったけど、経皮毒を知ってから全て繋がって・・さらにビックリした~ (;´・ω・)

それで、タロは勉強したってゆうか本屋さんで何冊か本買って読んだりして。知らないよりかは知ってた方が良さそうだな、、と感じたんだよね。

毎日何かしらの形で摂っちゃってる添加物は、排尿・排便でデトックスされることが多いこと。物質によっては体に残りやすいもの、などなど。

だけど、日用品として毎日皮膚につけるもの、シャンプー、洗剤、歯磨き粉、クリーム、これらに使われてる化学物質がどうゆう成分なのか、理解しとこって、思ったんよ。

いやいや、知れば知るほどちょっと神経質になりそうだったよね~。。実際子どもたちに使うものなんかはかなり選んで選んで買うようになって。

食べるものも出来るだけ手作り中心。もともと作ってたけど、なるべく余計なものを体にためないようにって、意識してたかな。

まぁ、あんまり神経質になっても逆に体に悪いことになると思ったからほどほどにってやってたけどさ。おやつなんかも質素でもいいから手作りとか、おにぎりとか、キュウリ巻きとか(笑)


結局子どもも大きくなって、友達と外に出ていくようになれば色々な影響を受けるし、もう制限なんか出来ないからすっぱりと諦めたけど。

だけどね、当時の子どもたちに意味は分かってなかったかもしれないけど、実際大きくなってもあんまり体に良くないものは好きじゃないみたい。それが救い。

今でも小腹がすいたらおせんべいとか、ナッツとか、手作りのお菓子とか、そうゆう感じに育ったんよ。

ただの自己満足だったかもしれない。結局子どもたち、軽いけどアレルギー持ってるし・・・💦

でもそれでも、知らないよりは知ってた方が良いのかなってゆう事は世の中にいっぱいあるんだろうな~って。人生まだまだ学ぶことはありそうだよね✨

 

コメント